酌酒與裴迪

2021.09.08 |

吉岡です。こんにちは。

 

司法試験の合格発表がありました。

合格された方々おめでとうございます。ご自身の夢に向かって次のステージへ堂々と進んでください。

 

結果が芳しくなかった方々,明けない夜はありません。

こんなときに触れてほしい漢詩を一つ。

「酌酒與裴迪」唐の詩人王維の作ったものです。

裴迪は王維の親友で,彼がなかなか出世できず鬱々としているところを慰める詩です。

酌酒與君君自寬
人情翻覆似波瀾
白首相知猶按劍
朱門先達笑彈冠
草色全經細雨濕
花枝欲動春風寒
世事浮雲何足問
不如高臥且加餐

 

人生のヒキというのか当たりを待つというのか天命を待つというのか,やることをやったのに結果が出ないこともあります。もう少し経ったら原因を真剣に考えることも必要なのでしょうが,とりあえずお酒飲んでご飯食べて。

詩の内容は気になったら検索してみてください。慰め方が他者との比較の話など本当の親友でないと言えなような心底から裴迪の気持ちを奮い立たそうとする気持ちが入り込んでいる詩でもあるのでここではあまり触れませんが,読んで落ち着いて空を見上げられたら,次に進む気持ちは貴方の心の中に宿っています。私の長い司法試験受験歴,論文試験合格発表のときは最後の年以外毎年この詩を眺めていました。

世事浮雲何足問
不如高臥且加餐

世の中のことは入れ代わり立ち代わりかたちなんてないからあれこれ考えても仕方ないの。とりあえず元気でちゃんとご飯食べんさい。おいしいと思えたら今はそれでええじゃないか。

 

合格発表掲示の法務省から日比谷公園でベンチに座って焦点も定まらずどうしようと放心したまま2時間くらい佇んでいたとき,隣のベンチも同じ時間佇んでいました。

気付けば一緒に勉強していた友人でした。彼も私に気付かなかったようです。いや気付いていたけどそっとしてくれていたのでしょう。今も同業者として連絡を取り合っていますが,長い間苦労を続けた仲間もありがたい宝です。

 

ご飯をしっかり食べて体をいたわってあげてください。あっもちろん塩分は控えめに。

 

乗り切って結果が出た暁には,登科後(孟郊)の詩を味わってください。

きっとあの夏は戻ってくる

2021.08.27 |

吉岡です。こんにちは。

 

仕事を終えて,柳井のお食事処で家族でご飯を食べて,夕涼みをしていました。

朝はすっかり秋の気配が漂いますが,夜は風がまだ夏の熱気を包んでいます。

 

金魚ちょうちん祭りは2年連続の中止。街が大いに沸くお祭りです。

でも,地元の方々が頑張ってくれていて金魚ちょうちんたちが柳井の夜を彩っています。

祭りの動的な美しさとは違いますが,風にひらっと尾びれがそよぐ姿は閑静な街の魅力と祭りを彷彿させる力を感じさせます。

もうすぐあの夏が戻ってくることを祈りみんなが暮らす柳井の街はじっと耐えながら頑張っています。

探し物はなんですか

2021.08.20 |

吉岡です。こんにちは。

 

当事務所の府中大國魂神社前事務所では,よりアクセスしやすい事務所を目指し,京王線府中駅隣接の場所に相談を行える場所を用意しております。

平日夜間及び土日祝もご利用できますので,お問い合わせ下さい。

ご希望の方は相談場所の予約のためにできるだけ相談日前日までにご連絡をいただければ幸いです(府中大國魂神社前事務所 042-310-9898)

 

さて,当職,今年に入って朝ごはんはバナナに牛乳ときなこを撹拌して飲むことに決めています。塩を抜くといいますか。とにかく血圧を下げないといけないのです。

スーパーマーケットに入るとバナナと牛乳はだれでも探せます。すぐ探せます。

ですが,きなこ。これが全然見つからないのです。いろんなスーパーに立ち寄るのが趣味(客の動線をどう組むのかを見るのが楽しいんです。鶴翼の陣みたいな組み立てもあって楽しいんです。)の当職ですが,きなこ売る気がないのかほぼ案内はありません。視力も悪くなったので近くまで寄ってみたらゴマだったり錦糸たまごだったり,散々疲れ果ててお菓子作りコーナーにあったりなんでここなん?みたいなところにあったり。おかけで見たこともない商品に巡り合えることもありますが。

 

最近は何でもQRコードで探したり,説明を受けたりできますから,店舗もそういうの導入してくるんでしょうね。

でメーカーさんは事務局Tっぽく。
とにかく降圧。ラーメンは生まれ変わったらたくさん食べます。

8月になりました

2021.08.01 |

吉岡です。こんにちは。

 

8月になりました。

東京オリンピック真っ最中です。あと2か月で当職も48歳,既に人生の五分の一も過ぎたと思うと焦りもありますが,次の東京オリンピックに出られるように日々頑張ります。

 

先日,事務局と一緒に周防大島町にランチをしに行きました。

目の前の静かな海,さざ波だけ聞こえる。後ろからは小鳥のさえずり。草枕の世界です。

瓶のコーラを飲み干してしまうと余韻も残さず喧騒の中に引き戻される気がしてしばらく波の音だけの世界に身を置いておりました。

とにかく静かにしてくれと思うとさざ波もさえずりも騒音になるのでしょう。善悪は時なりというようですが,ありえない判断を下すことにならないように或いは判断そのものをなるべくしなくてもよいように心の保湿も怠らないようにしていきたいです。

瓶の中に海風がゆっくり渦巻いて溶け込む感じ。

黒猫プロジェクト

2021.07.01 |

吉岡です。こんにちは。

 

7月になりました。

先月の終わりにあった命の奇跡のお話を。

 

29日の朝,といっても午前1時ですが,前日のリハビリ運動が効きすぎたのかかなり早く眠りに付いたのでこんな時間に目が覚めてしまいました。

自宅にいても特にすることもないので事務所へ。

午前4時くらい。突然作動するシュレッダーに肝を冷やされ,体は脂汗まみれになりましたので,普段開けない窓を開けて夜明けの風を入れていました。

(一番怖いタイミングで突然ガーーーー。何か見える方おられます?)

 

陽も昇って午前6時,開けた窓から聞こえる小鳥のさえずりを心地よく聞いていましたら,子猫の鳴き声がします。

珍しいなと思っただけでこのときは特に何もなかったのですが,この仔が主人公。

 

午後4時30分,仕事も一段落つき,子どもも学校から帰ってきたところで,また子猫の鳴き声が響き始めました。

2階から見渡しても姿は見えません。もちろん,子どもは探しに行くというので。

子猫鳴く→外に出る→鳴き止む→2階に上がる→子猫鳴く→∞

この時点で17時30分。あと1時間でランニング塾に行かなければなりません。

しかし,延々とループで18時25分。もうあきらめてランニング塾に行こうと事務局Tが車に乗せようとしたそのとき。

 

にゃー

 

ようやく場所を特定しました。

しかし,どうやってこんなところに入ったのか,間違いなくこの下から鳴き声が聞こえますが,当職と娘だけでは草をむしって土を掘ることしかできません。

時々鳴いてくれますが,声も心なしか弱くなっているような。朝6時から閉じ込められているのですからその恐怖心は最大,子猫の体力も極限でしょう。

日没まであと1時間を切っています。

隣の中国新聞社の方も集まり,自治会長さんも来てくれ,土を掘りマンホールを開ける作業を素早くしてくれますが,なお姿は見せません。

子猫の鳴き声も娘がにゃーと真似すると漸く反応してくれる程度。日も暮れてきて猶予がなくなってきました。

(なお,当職の鳴き声真似は子猫も周りの人々も合わせて全員ガン無視。)

 

ここで事務局S,切り札消防車を要請。

数分で到着のさすがの柳井消防署。

赤い彗星,もちろん到着時の音楽はワルキューレの騎行。

(タンタラターンターン,タンタラターンターン)

 

コンクリートとマンホール周辺の隙間に小型カメラを入れて探索してくれます。

場所特定17:57から2時間経った19:57,すっかり日も暮れましたが,そこは消防車の高度照明。

そして到着から30分弱で。

救出!!IMG_241817309 (動画あり)

 

こんな小さな命が真っ暗の暗闇の中で精いっぱいの鳴き声を出して助けを待っていたんです。

人と人,力と力,知恵と知恵のつながりが一つの小さな命を助け出した瞬間,感動のひとときです。

 

当職は典型的な第一発見者として傍観するのみ。

みなさんの力で救出劇が進んでいく姿は壮観でした(なんかごめんなさい。)

 

もちろん抜かりなく「後学のために」消防士さんに消防車のおおよそのお値段を勉強させていただきました(現金でごめんなさい。)

(一億円の敬礼!)

立春か白露か

2021.06.15 |

吉岡です。こんにちは。

 

夏至も近くなりました。

柳井のウェルネスパークに子供が運動に行っているため,事務局Tと迎えに行きましたら19時35分でこの明るさ。

白夜なるものを観に北欧に行ってみたい。明るい夜はなんだか得した気がします。何の得だかわかりませんが。

 

子どもたちは20時にナイター設備が消灯するギリギリまで走ったりトレーニングしたりと溌溂と動き躍動感,生命感に満ち溢れています。

帰りの車に乗った途端に眠りに落ちるのですが,その速さにも不思議と生命を感じます。

 

子どもたちは啓蟄どころか立春くらいの節気ですからね。うらやましいといいますか。

こちらは,旧司法試験の参考書でも懐かしい白露くらいでしょうか(笑)

バラに暫し佇む

2021.06.08 |

吉岡です。こんにちは。

 

街を歩いているとバラが満開のお家があり,その堂々たる姿に見入っておりました。

ただ,翌日通ったらそのバラも刈り取られており,つかの間の思わぬ宴に楽しませてもらったなと。

月が替わって買い物をすると,8日賞味期限の牛乳。まだまだ先だし当分大丈夫だなと思って今朝4時に新しく開けて飲もうとしたら今日8日。こんな量一気に飲めるわけないんですけど。

 

昔浪人時代に派遣社員をしていたころ,ご多分に漏れずまだ火曜日かぁ水曜日かぁなんて憂いておりましたが,最近はえっもう8日?,25日前になるとアッもうお給料お支払い日?と月単位で時間があっという間に過ぎていくことに嘆く毎日です。

時間が早く経ちすぎるので早起きして時間の流れに追いつこうと思っているのですが,早く寝るのであまり意味がなく,ただただ肌艶がよくなるだけです(笑)。

花の命も短いのでしょうが,ここまで時間の流れを早く感じるとなると,ひとときの感動を少し間延びするくらい長く佇み,うれしい思い楽しい思いを感じ続けるようにして日々の齷齪との平仄を合わせたいと感じます。次は紫陽花ですね。

Sell in June

2021.06.01 |

吉岡です。こんにちは。

 

6月になりました。

新型コロナウィルス感染拡大防止のため,残念ながら,12日13日の土日に岩国と柳井で予定しておりました岩国・柳井相続支援協議会の無料相談会は中止となりました。

引き続き,協議会では無料相談のご予約は承っております。ご連絡をおまししております。

ご連絡先は,フリーダイヤル:0120-105922 までお気軽にお問い合わせください。

 

オリンピック開催が迫ってきています。開催するのでしょう。中止になったら全体の株価は大きく跳ねそうな気がしますが。ただの勘ですけど。

相続セミナー,相談会など

2021.05.19 |

吉岡です。こんにちは。

 

多摩信用金庫さまの府中支店に併設されていますすまいるプラザ府中支店での相続セミナー,おかげさまですまいるプラザ府中さまでのセミナーは今回で3回目になりました。

今回は緊急事態宣言下でもありオンラインオンリーでの開催となりました。セミナー講師を務めておりますと,お聞きいただいている方々の反応が皆さん声を出されるわけではないですがなんとなく伝わってきます。

しかし,オンラインだと当職らもそこまで感覚器官が発達していないようで,話している内容の反応をまだ掴み切れません。そこで,当職がこれまでの経験から適宜質問を講師役の弁護士に対して投げかけるようにして内容を具体化したり,テンポを落としたりしながら進めてみました。その反応もまだ掴めませんが,よりよいオンラインセミナーにできるように努力してまいります。

 

さて,山口では半年ぶりに(一般社団法人)岩国・柳井相続支援協議会での無料相談会を開催いたします。

柳井,岩国それぞれの会場で,相続に関し司法書士,税理士,土地家屋調査士,宅地建物取引士,弁護士が皆様のお悩みをあらゆる角度からお伺いしてご不安を解消できるようにいたします(ご相談者に対し,相談机に各士業がズラーっと並ぶのではないのでご安心ください。)

多摩信用金庫さまでのセミナーの後の相談会や前回の岩国・柳井相続支援協議会出の相談,そして事務所での相談でも,ご相談内容に事実は小説より奇なりとこんなことがあるのかと思わされることがよくあります。それらの事実に対し,各専門職が冷静に筋道を立ててご説明やご提案をしております。

岩国・柳井相続支援協議会でのご相談もお待ちしております。

肩関節唇損傷

2021.05.13 |

吉岡です。こんにちは。

 

交通事故により肩関節の関節唇を損傷した件のご紹介です。

当事務所の前に他の事務所に依頼されておられたようですが,連絡してもなかなか繋がらず,繋がっても「通院してください」とのお話しかなく,そちらはご縁がなかったものとされて当事務所にお越しになりました。

 

関節唇の損傷は被害者請求で非該当とされることが多いのは事実です。特にSLAP損傷(上方関節唇損傷)は特によく扱う損傷です。

ですので,通院中(症状固定前)にある程度画像の準備をしておかないといけないですし,肩関節に詳しい医師の助力を得ることで等級獲得に結びつく後遺障害診断書を作成することを目指します。

本件も案の定,「骨折などの外傷性の異常所見は認め難く」のコピペで非該当。もちろん想定している経過ですので,十分に用意をして異議申し立てを行い12級6号を獲得し,適切な解決を図ることができました。

 

当事務所は,交通事故案件を最初から最後まで,いろいろな得意分野を持つ複数の弁護士で担当しております。

交通事故案件にも様々なポイントがあります。

患部に詳しい病院や医師,専門書など情報を集約し,医学上必要な主張を纏めて後遺障害認定の筋道を立てる弁護士,損害論や保険,労災など周辺の知識も含めこれらを綿密に専門的に扱うことができる弁護士,訴訟で粘り強く諦めずに主張とその証拠を固めていく弁護士,迅速に相談をお受けするためにフットワーク軽く遠方へ赴く弁護士,もちろん事務局も含め被害者との連絡を密に取りながら,中国地方,首都圏それぞれで被害者の適切な救済を目指して全員が力を合わせて進めております。

 

最近は,TeamsやZoomなどの便利なWEB会議システムがありますので,相談だけでなく,案件についての事務所検討会議もTeamsなどで行い,例えば柳井⇔府中⇔広島⇔戸田など4カ所の事務所の各得意分野を持つ弁護士が集合し知識を集積して計画を立て,これを迅速に執行するなど当事務所のスピード感の実現を常に心がけて日々の実務に勤しんでおります。

 

「通院してください。」辛い目に遭われた被害者に声をかけることは被害者の方からも心強いことだと思います。しかし,それだけではなく適切な解決のために必要な情報を事務所の皆で考え,より価値のあるお声がけや助言ができるように今後もお手伝いをさせていただきます。

ぜひ,フリーダイヤル0120-25-3354までご連絡をください。

無料相談ご希望の方はこちらから 電話番号:0820-25-3355 受付時間:平日・土日祝とも 9:00~21:00 メールでお問い合わせ

リンク

あさかぜ法律事務所

出張相談のご案内

弁護士出張相談をご利用ください。柳井市・岩国市・周南市・光市エリア