揚げあられ

2014.01.29 |

こんにちは。事務局Dです。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
年が明けてあっという間に1カ月が過ぎ,すっかりお正月気分も抜け日常生活がスタートしました。
お正月というとさまざまな正月行事がありますが,縁起事が好きな私は元旦は初詣,三が日はおせち料理,7日は七草粥,松の内を過ぎればどんど焼きと正月気分を存分に味わいながら過ごします。
中でも我が家の娘2人が一番心待ちにしているものが鏡開きの後のこれ!
鏡餅で作ったあられです。
お餅は長寿を願う食べ物らしく,お正月にお供えしていた鏡餅を食べると1年間健康に過ごせるそうです。
お雑煮やぜんざいなどいろいろな食べ方があると思いますが,我が家はもっぱら揚げあられ☆
鏡餅を切り分け天日干しにして揚げるだけの簡単な工程ですが,乾燥してカチカチになった鏡餅を切り分ける(正確には叩き割る ^^;) のは至難の業で,毎年娘の喜ぶ顔見たさに悪戦苦闘しながら作っています。
見た目はとても地味ですが一口食べると後を引く美味しさで,娘たちは揚げる端からつまみ食いをするほど大好きです。
醤油や青のりなどいろいろな味を試しましたが,我が家では天然塩とブラックペッパーをふりかけた少し大人な味が一番人気でした。
お餅が余ってしょうがない時には是非お試しください。

当事務所の交通事故案件実績を更新しました。

2014.01.28 |

当事務所の交通事故案件実績を更新しました。(こちらをクリックしてご覧ください。)

橈骨頭変形の案件について,当事務所にて被害者請求を行い,12級13号の後遺障害等級を獲得し,保険会社との示談によって約1295万円(治療費等既払い金除く)を獲得しました。

橈骨頭変形や変形に伴う痛みについて,ご依頼者や主治医の先生に綿密な話し合いを重ねていただき3DCTや医師面談を経ての所見などを基に無事に目標の後遺障害等級を獲得できました。

また,示談交渉においても休業損害,傷害慰謝料,逸失利益,後遺障害慰謝料等全て当方の主張通りの裁判基準に従った賠償額を獲得しました。

 

交通事故のご相談は何度ご来所いただいても無料です。

また,出張相談も物損のみの場合を除き,

相談費用,交通費及び日当とも基本無料とさせていただいております。

ご自身やご家族の自動車保険に弁護士費用特約がつけられている場合,着手金や報酬等をご自身の保険会社に支払ってもらうことができます(一人当たり300万円まで。また,弁護士費用特約を使用しても等級は下がりません。)

まずはお気軽に電話又はメールにてご連絡ください。

 交通事故ご相談フリーダイヤル : 0120-25-3354

柳井事務所       : 0820-25-3355

岩国市役所前事務所 : 0827-22-7777

広島銀山町事務所  : 082-535-5328(つながりにくい場合は柳井・岩国事務所へご連絡ください。)

【受付時間】 平日・土日祝とも 9:00~21:00

 

 

自研センター研修弁護士コース

2014.01.27 |

吉岡です。こんにちは。

 

先々週の木曜日と金曜日に,千葉県市川市にある(株)自研センターさんの研修に参加してきました。

(朝8時30分集合 当然前乗りで前日は判例検討会。)

私は一度落選して二度目の応募での参加でしたが,4回目の応募でようやく当選したという方も数名おられ,この研修の人気のほどがうかがわれます。

自動車の車体構造から始まり,目玉の衝突実験,損壊部分の修理実演,塗装実演など盛りだくさんの二日間,ちょっと変わったところでは被験車体(BMW3シリーズ!)に10円玉や石ころで傷をつける体験なども。

お怪我に関してはご依頼者ととも医師面談に伺うなどを繰り返していますが,物損に関してはなかなか現場に立ち入ることがないため,この研修は大変収穫の多いものでした。特に,修理や塗装等の実演は,一つ一つの作業の意味を作業順序にしたがってとても細かく説明していただき,修理工場の方の職人技やアジャスターの方の苦労が身に染みて理解できました。

お宝本ゲット!

自研センターの皆さまには大変お世話になりました!

山口のハワイ

2014.01.22 |

こんにちは。

事務局のOです。
新年が明けて早くも三週間が過ぎましたが、昨年は大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
さて、今年最初の連休はどのように過ごされましたか?昨年の成人の日はとても寒かったですが、今年は晴れてとてもいいお天気でしたね。
私は祖母と東和町の道の駅を目指して大島にドライブに出かけました。車を走らせていると、真冬の今も窓から見える景色は大島が山口のハワイと言われているのも頷ける気がします。道の駅に着いて、ミカンのソフトクリームを食べました。とても爽やかな気持ちになった一日でした。

相続出張相談

2014.01.14 |

吉岡です。こんにちは。

 

今日は,相続問題について出張相談のご要望をいただき約1時間,相続財産,遺留分,寄与分,特別受益などについてお話をさせていただきました。

交通事故や相続問題については相談料無料で出張費用等もいただいておりませんので,ぜひお問い合わせください。

 

出張相談後は,インフルエンザの予防接種へ。

明日から東京へ長期出張ですので,念のため。接種後に待合室で血圧を測ってみました。

 

至適血圧そのもの。今年もしっかり仕事できそうです!

 

お年玉

2014.01.09 |

事務局Tです。

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

今年のお正月休みは長期間ありましたが,我が家の場合,特に遠方に行くこともなく,
家族と親戚同士で柳井と岩国でお正月を過ごしました。

先日,とある場所に出張相談に行った際,青いサッカーボールのような球体を上にのせた車がスーッと私の横を通りすぎました。
「んん??」と思い,よく目を凝らして過ぎ行くその車を観察したところ,なんとグーグルマップでおなじみのストリートビュー撮影用の車だったのです!

噂では聞いていたのですが,青い球体が360度撮影可能なカメラだったんですね。
あわてて写真を撮ろうと思ったのですが,ちょっと気が付くのが遅く,シャッターチャンスを
逃してしましました・・・

今度,更新されるストリートビューに,自分が写っているかも!?と楽しみにしています。
新年早々,ちょっと珍しいお年玉をいただいた気分です。

(今年のお正月飾りは、お手製です!)

上肢三大関節(肩,肘,手),下肢三大関節(股,膝,足)の機能障害と後遺障害等級

2014.01.05 |

吉岡です。こんにちは。

改めまして,本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて,交通交通のご相談で,関節の可動域制限,特に肩,肘,手の上肢三大関節と股,膝,足の下肢三大関節についてよくご相談を承ります。
これら三大関節の可動域測定のルールや後遺障害等級認定の具体例について説明したページを作成しました。よろしければご覧ください。

私は年末年始,柳井・岩国地区を離れることはありませんでした(刑事事件の当番弁護もありますし。)。おかげで岩国の実家すぐそばの錦帯橋を渡ったり錦川の河原で子供と石投げしたりと何も忙しいことのない素晴らしい年末年始を過ごすことができました。

あすから仕事始めの方も多いのではないでしょうか。
今年の年末年始も9連休にできそうですからそれを楽しみに今年一年頑張りましょう!

今年もよろしくお願いします。

2014.01.01 |

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

午前中,成年後見人に選任いただいた案件の記録などを読み込んでいましたが,せっかくの午年の元旦ですので道草を食みに周防大島へ行ってみました。
 
(海に向かって元旦恒例絶対合格の叫び)

ありがたいことに仮処分申立てや答弁書作成,ホームページ記事更新,新聞紙面のコラム作成などいつもと変わらないスケジュールですが,深呼吸して新鮮な空気を体に取り入れることができ良い気分転換になりました。

当事務所では元旦から5日の間もご相談などを承っております(電話相談は行っておりませんのでご了承ください。)。どうぞお気軽にお電話ください。お待ちしております。

Farewell 2013 & Happy New Year 2014

2013.12.31 |

吉岡です。こんにちは。


天空の城竹田城よろしく終日の出は霧に包まれて。
明日は来年の紛争を一蹴すべく霧の晴れたご来光を期待。

ことしも数えきれないくらいのたくさんの方々にお世話になりました。
おかげさまで事務所構成員一同一体となって充実した仕事をさせていただくことができました。

来年も紛争の迅速・適切な解決を目指し事務所一同鋭意励みます。
来年もどうぞ皆さまよろしくお願いいたします。

相続人が全くいない場合の財産の行方や取扱い

2013.12.29 |

吉岡です。こんにちは。

 

相続は,死亡によって開始する。

 

五七五の音韻ですが民法八八二条です。文字通り,人が亡くなった場合に相続が発生します。

では,相続が発生したものの,相続人が実際に全くいない場合や相続人全員が相続放棄をした場合どうなるのでしょうか。実はこの場合,残った財産は最終的に国家に帰属してしまいます。

 

お亡くなりになった方の相続人ではないけど生計を同じくしていた方(例えば内縁の方),療養など身の回りのお世話をされていた方などは,お亡くなりになった方との関係でいえば,相続人とほとんど変わらないか或いは相続人よりもかえって深い人間関係があった方も多くおられるわけで,その方々からすれば,相続人でないというだけで,一銭ももらえないというのは随分乱暴なようにも思えます。また,逆に,亡くなった方にお金を貸していた人などは相続人が全くいなくなると困ってしまいます。

 

そこで,このような場合,家庭裁判所への手続き(相続財産管理人選任申立や特別縁故者としての財産分与の請求)を行うことで,特別縁故者として亡くなった方の財産の全部又は一部を譲り受けることができることがあります(家裁の判断によりますので必ず財産が分与されるわけではありません。)。お金を貸した方については,相続財産管理人から支払いを受ける手続きをとることになります。

但し,相続財産管理人選任から相続人捜索などを経て特別縁故者への財産分与に至るまでは約2年ほどかかることが多く,直ぐに解決するものではありません。

(特別縁故者に対する相続財産分与審判例)

 

また,特別縁故者への財産分与は相続人がいないことが大前提です。ですので,いくら亡くなった方との人間関係が濃くても,相続人がいれば全てその相続人に相続財産が移ります。例えば,亡くなった方に数十年前に離婚した配偶者の子がおられた場合でもその方が全て相続してしまいます。

 

このように場合に備えるためには,生前に遺言を作ってもらっておくことが効果的です。

というよりは,内縁の方や身の回りの世話をされている方で,「私が死んだらあなたに全部あげる」といわれているような場合,実際に遺言を作ってもらうことを検討する必要があります。「遺言作って」とはなかなか言いにくいものですが,遺言がないと,先のように相続財産管理人選任申立+特別縁故者財産分与申立というかなり長期間かかる手続きによらなければいけなくなります。また先に述べましたように,この手続きによって必ず財産が分与されるわけでもありません。

 

お心当たりのある方は一度当事務所にご相談にお越しになられてください。

無料相談ご希望の方はこちらから 電話番号:0820-25-3355 受付時間:平日・土日祝とも 9:00~21:00 メールでお問い合わせ