秋もあけぼの

2021.09.21 |

吉岡です。こんにちは。

 

柳井も事務所の休憩室の窓から新しく移転してきたマクドナルドが見えまして。大都会じゃないですか。

朝5時55分,澄んだ光景が気に入っております。朝マックでもたまには食べに行こうか,ポテトの揚げたような焼いたようなものも食べたいなと塩分との戦いは事務所に来てもすぐに始まります。

因みにコンソメなどの食味は脳損傷の後遺症なのでしょう,もうほとんど分かりません。和食の出汁ははっきりわかるのですが。

 

さて,孔明は劉備に天下統一を直ぐに実現することはほぼ不可能であることから,天下を三分に分けるべしと提唱しました(隆中対)。

そんな大きなことではなく,一日24時間を3分すると8時間。8時間仕事して8時間寝ても8時間余ります。8時間自分の時間があるじゃないかと。

ただ,あるはずの余りの8時間が意外と余らないんですよね。8時間あるはずなのに体感1時間くらいしかない。

派遣社員時代の若いころ,メモを取ってなんで8時間余らないか調べてみたことがあります。もちろん移動などの時間もありますが,小間切れに無駄に潰している時間が圧倒的に多いこと。

5分10分の死に時間の積み重ねを毎日しているんですね。

 

当時はスマホなんてありませんから,現代だとなお時間はひっ迫するのでしょう(その分スマホアプリのビジネスは確かに繁盛するのだろうなと思います)。

寝る時間を削ればいいじゃんと思うのですが,寝る時間を削っても貴重な8時間の枠は増えません。

そうすると,結局,仕事の時間に宛てた8時間をいかに効率的に業務をこなして無駄をなくすかということになりまして。

幸い大病を患ったことで朝4時台起きが定着してきたので正午までの時間の過ごし方を大切にしております。とにかくスマホは見ない。株価は気にしない。泣かない。

(ということは20時台に子どもより早く寝るのかとか,正午までしか仕事をしないのかということになりますが,その辺はオトナノジジョウ)

ということで7時になったら朝マックしてきます。

酌酒與裴迪

2021.09.08 |

吉岡です。こんにちは。

 

司法試験の合格発表がありました。

合格された方々おめでとうございます。ご自身の夢に向かって次のステージへ堂々と進んでください。

 

結果が芳しくなかった方々,明けない夜はありません。

こんなときに触れてほしい漢詩を一つ。

「酌酒與裴迪」唐の詩人王維の作ったものです。

裴迪は王維の親友で,彼がなかなか出世できず鬱々としているところを慰める詩です。

酌酒與君君自寬
人情翻覆似波瀾
白首相知猶按劍
朱門先達笑彈冠
草色全經細雨濕
花枝欲動春風寒
世事浮雲何足問
不如高臥且加餐

 

人生のヒキというのか当たりを待つというのか天命を待つというのか,やることをやったのに結果が出ないこともあります。もう少し経ったら原因を真剣に考えることも必要なのでしょうが,とりあえずお酒飲んでご飯食べて。

詩の内容は気になったら検索してみてください。慰め方が他者との比較の話など本当の親友でないと言えなような心底から裴迪の気持ちを奮い立たそうとする気持ちが入り込んでいる詩でもあるのでここではあまり触れませんが,読んで落ち着いて空を見上げられたら,次に進む気持ちは貴方の心の中に宿っています。私の長い司法試験受験歴,論文試験合格発表のときは最後の年以外毎年この詩を眺めていました。

世事浮雲何足問
不如高臥且加餐

世の中のことは入れ代わり立ち代わりかたちなんてないからあれこれ考えても仕方ないの。とりあえず元気でちゃんとご飯食べんさい。おいしいと思えたら今はそれでええじゃないか。

 

合格発表掲示の法務省から日比谷公園でベンチに座って焦点も定まらずどうしようと放心したまま2時間くらい佇んでいたとき,隣のベンチも同じ時間佇んでいました。

気付けば一緒に勉強していた友人でした。彼も私に気付かなかったようです。いや気付いていたけどそっとしてくれていたのでしょう。今も同業者として連絡を取り合っていますが,長い間苦労を続けた仲間もありがたい宝です。

 

ご飯をしっかり食べて体をいたわってあげてください。あっもちろん塩分は控えめに。

 

乗り切って結果が出た暁には,登科後(孟郊)の詩を味わってください。

無料相談ご希望の方はこちらから 電話番号:0820-25-3355 受付時間:平日・土日祝とも 9:00~21:00 メールでお問い合わせ

リンク

あさかぜ法律事務所

出張相談のご案内

弁護士出張相談をご利用ください。柳井市・岩国市・周南市・光市エリア